ここではJR四国で活躍している5000形近郊形
電車の画像を編成別に公開します。
  現在地案内: TOPJR四国近郊形電車→JR四国5000形電車 
 

停車中のM2編成 高松駅 2007年4月5日

形式・登場年  2003年より登場
 制御装置・機関 VVVF制御(IGBT)
 ブレーキ・台車 S-DT63(5000形)・S-TR63(5200形)・S-TR64(5100形)
 所属 高松運転所
 最高速度 130km/h

5000形電車とは

2003年10月から登場したJR四国の
近郊形電車で、瀬戸大橋線を走行する
快速マリンライナーの輸送改善を目的に
213系を置き換え、JR西日本の223系
5000番台と共に5両で走行している。
5100系は前面がパノラマウインドウに
なっており前面展望が楽しめる車両で
東急車両製造(現総合車両製作所)で製造
された他は全て川崎重工業兵庫工場で
製造された。
 
5000形 編成別
 M2編成
ここではJR四国5000形のうち、上記の編成の画像を
公開します。

運行線区:予讃線・瀬戸大橋線・宇野線 計7枚公開
公開予定地
ここではJR四国5000形のうち、上記の編成の画像を
公開します
 
 公開予定地
ここではJR四国5000形のうち、上記の編成の画像を
公開します
 
申し訳ございませんが、未リンク箇所は工事中です■ 
 2016年7月24日更新 5000系近郊形電車M2編成の画像を計7枚公開しました。
JR四国近郊形電車へ 
 CopyRight 2005~ Kansai Train Network All Right`s Raseved